やきとん みつぼ ~馬場駅ホームにまでとどろく熱気~

人気のやきとん屋。

そのむかし、呑み助の噂をきいて池袋店に行ったのがはじまり。

ジュンク堂の横を入って店前までいくと、席待ちの人が外まであふれて飲んでいる。満席だ。自分も外で飲みつつ、順番が来て、やっと中に案内される。

す、すごい。

お世辞にもきれいとは言えない(失礼!)店内には、肩寄せあうようにお客がぎゅーぎゅーに密集し、なにか得体の知れない熱気が渦巻いているではないか。

席について、ふと見回せば、目の前にいるひとり客の男が、ホッピー、刺し盛り(豚のホルモンの刺し身の盛り合わせ)、ポテトサラダで、淡々と飲んでいる。

し、しぶい。

生ビールとかではなく、ホッピー。そして、店でもっともハードコアな一品「刺し盛り」と、もっともどうでもいいような一品「ポテトサラダ」を組み合わせていることに、なにかある種のスタイリッシュさを感じ、いいな~と思った。

それが、第一印象。

そして、2008年夏に高田馬場店がオープン。

や、やばい。

通っちゃうよ。尿酸値かなり高くなってるのに(爆)。

得体の知れない熱気が渦巻くのは元祖池袋店と同じだが、穴ぐらっぽい池袋店と違って、馬場店はなんとも言えない開放感がある。

ちょうど今時分、温かくなってくると店の前面を全開放し、道に面した部分はテラス席のような感じになる。これがけっこう、いい感じ。

昨夜も行ってまいりました。

翌日からGW5連休の開放感も手伝ってか、店内完全満席。

生ビール、ホッピー、チューハイ、紅乙女。もちろん刺し盛りにポテトサラダ(笑)。串焼きはハツ、タン、ガツ、シロ、コブクロ、バラ…などなど。そして牛のハラミの刺身とか、牛のハート(心臓)ステーキ。おしんこや、生の蕪、枝豆も。うどのてんぷらなんてのもあったので、注文。最後は焼きそば。

2人だったけど、すこし注文しすぎて、飲みすぎる前に、食べすぎ。

刺し盛りとか、ハートステーキとか、ほかでは味わえないキラーメニューに誘われ、ついつい満腹に。

ハードコアって言えば、そうそう、「ブレイン刺し」ってのもメニューにありますね(笑)。今回は注文しなかったけれど。

店内のサウンドがすごい。客のしゃべり声と、テレビの音声と、高田馬場駅に発着する電車の音。これらが交じり合って、「ガーーー」っていう感じ。この騒音に負けじと、声高にしゃべっていると、酔いも相まって自然とテンションが上がってくる。

まだ少し寒いけれど、前面を全開放した店内、外気の流れ込む感じも、よい。

この店、高田馬場のホームから賑わいが見える。

帰宅しようと馬場のホームに降りると、やきとんの香りが…。

そりゃ寄っちゃいますよ。

やきとん「みつぼ」高田馬場店は、高田馬場駅戸山口をおりたら、右にはしる線路脇の通り。すこし早稲田口方向へ歩いたところ。

a0130529_673252.jpg
[PR]
by aroyaroy | 2010-05-01 06:12 | 高田馬場


<< 近江牛 亀屋 ~惜しまれつつ、閉店~ ミッチーナ ~東南アジアの深い... >>