大地の木


シンガポール&アジア料理。

…と、みずからお店はうたっている。店名のイメージも相まって、なんとはなしにアジアン&ロハスでフレンドリーな印象をうけるが、実際どんなポジションの店なのか、ちょっと外観からはわかりにくい。

まず、メニューの中心は、マレーシア料理である。

マレーシア料理とシンガポール料理の違いは微妙だが、肉骨茶(バクテー)やラクサなどマレーシアっぽいメニューが目立つ。サテや空心菜のサンバル炒め、海南チキンライス、ナシゴレンなどの料理もある。

なのに。

それらに加えて、トムヤムスープ、タイ風グリーンカレーなどのタイ料理や、石焼ビビンバ、チヂミなどの韓国料理までがリストされている。おまけに中国茶のリストも妙に充実。台湾料理店には必ずある大根もちまである。

一般的なイメージとして、アジア系料理店というものは、シェフの故郷の料理に特化されているのが普通だから、ちょっと不思議な印象を受ける。

聞けば、シェフはペナン島出身のマレー系マレーシア人の男性。マレーシア料理に限らず、これまでいろんな飲食店の厨房で働いてきたそうで、このメニューの幅広さは、彼の料理人としての経験をそのまま反映していたのだった。

マレーシアには、主に中国系、マレー系、インド系の人たちが住んでいる。ペナン島には中国系の人が多く、中国系料理店も多いそうだ。もう、ルーツからしてミクスチャー、厨房経験もバラエティ豊富。肥沃なアジアの大地がパッケージされたような、僕にとってはとっても嬉しいお店だったのである。

もうひとり、お店には中国系マレーシア人の女性がいる(オーナーさん?)。

ふたりのツテか、同胞らしきお客さんたちが多い。彼らの舌を満足させているわけで、料理はもちろん本物で、美味しい。

そんな厳しい舌を持つであろうお客さんたちの隣のテーブルには、アジアン&ロハスな雰囲気に惹かれてやってきたはずの、お店のバックグラウンドなんてあまり気にしていないかもしれない、フツーの学生さんグループがいたりする。

ここにもアジアの混沌が(笑)。

ある日は、同胞のお客さんが予約注文していた、フィッシュヘッドカレーをお裾分けしてもらい、自宅にテイクアウトした。鯛のお頭。タマリンドとココナッツミルクが両方入っているから、酸っぱくてコクがある。ペナン風らしい。これを自宅で食べられるのは、幸せ。

都内にマレーシア料理店を名のるレストランは、池袋と大久保と銀座に一軒ずつ…、たしかそのくらいしかない。ネットで調べても、この店で本格的なマレーシア料理が食べられることがイマイチ伝わってない感じがするので、穴場です。

高田馬場駅から徒歩1~2分、早稲田通りの一本裏道。

a0130529_2237918.jpg
[PR]
by aroyaroy | 2009-06-21 15:31 | 高田馬場


<< 麺屋武蔵 鷹虎 傘亭 >>