ノングインレイ

ミャンマー、シャン族料理店。

ミャンマー料理、というだけでも、一般の人にはかなりレアな存在だが、さらにシャン族。

そもそもシャン族とは…、と、説明していると非常に長くなりそうなので、詳しくはウィキでも見てもらうとして、ミャンマーの、さらに地方料理であると理解してもらういのが、手っ取り早い。

なんでも、日本にはシャン料理店が二軒しかないそうだ。

その一軒が、ここ。

そして、もう一軒がどこにあるかというと、やはり高田馬場!

さすが馬場。

もともと、この界隈にはミャンマーの人たちが多かった。

90年代ごろには、ミャンマー料理店や食材店が西武線の中井駅周辺にいくつか見られたが、現在はミャンマー料理店の集まっているエリアといえば、ほぼ高田馬場と言ってよい状況である。

ミャンマー料理で有名な品といえば、魚だしの汁麺「モヒンガー」、ココナツカレー麺の「オンノカウスエ」、カレー風煮込み料理の「ヒン」、発酵したお茶の葉の和えもの「ラペットゥ」などがある。

シャン料理は、これらと少し異なる。

面白いのは「トーフウン」。

ヒヨコマメの黄色いピュレをかけた麺、というか、汁麺のスープ部分がヒヨコマメのピュレにとって代わった、というか、そういう料理。挽肉やピーナッツ、パクチーなどがのっており、混ぜて食べると大変に美味。

ヒヨコマメピュレを三角に揚げた「トーフジョー」も、ほかにない味。チリソースをつけて食べる。これがビールにぴったり。

ほかに、誰でも食べやすいものといえば、シャン風あんかけ炒めごはん。

ただし、これ、ほとんど中華丼なので、異文化体験のため変わったものが食べたい人は、多少がっかりするかもしれない(笑)。ヤンゴンを旅行したとき、シャン料理店で同じものを食べたことがあるが、やっぱり中華丼だった。

タイの「ネーム」と同じような発酵生ソーセージも美味しい。牛のソーセージは、ちょっとコンビーフのようだが、これまたビールに合う。

壁の張り紙には、「鯉熟れすし」の文字が。

琵琶湖の鮒寿司など、魚と飯を発酵させた熟れ寿司は日本にも存在する。発酵食文化は東南アジア起源と聞いたことがあるが、やはりつながっているのだ。

なーんて、アジア食文化論をぶちたくなることウケアイな店かもしれない。

夜に訪問すると、若いミャンマーの人たちで結構混んでいる。

アジアングルメな感覚で来ると、彼らの日常生活を見物しているようで、ちょっと申し訳ない気もしてくる。

ミャンマーの人たちは、基本的にとても優しい。タイ人のような気さくさは、あまりないけれど、誰もが本当に穏やかだと思う。だから、お店に居座っても邪魔にされたりすることは絶対にないと思うが、ここは彼らの仲間とのひとときを優先してあげよう。

そうそう。ほかではあまり見ないミャンマービールが飲める。

高田馬場駅前、ラーメンの「麺屋武蔵 鷹虎」のある路地のさらに奥。

a0130529_018381.jpg
[PR]
by aroyaroy | 2009-07-29 00:24 | 高田馬場


<< ヤンゴン ラミティエ >>