ヤンゴン

ヤンゴン、とはミャンマー国の大都市の名前。

もちろん、ミャンマー料理店。

先日、高田馬場がリトルヤンゴンであることは書いたが、この店は、比較的最近オープンしたのではないかと思う。

高田馬場駅を出て、早稲田通りを渡ってすぐ。

線路下路地の入り口。「麺屋武蔵 鷹虎」の看板が出ている、その隣あたりに、「ヤンゴン」の看板はあった。

看板につられ、路地の奥に。

「麺屋武蔵 鷹虎」を過ぎ、先日書いたミャンマー・シャン料理店「ノングインレイ」を過ぎ、路地がかなりディープな様相を呈してきたあたりに、「ヤンゴン」らしき看板が、再び。

湿った感じの雑居ビルの、地下に降りる。

「ヤンゴン」は、営業していた。

少し躊躇したが、扉を開けた。

店内は、カラオケゾーンと、食事ゾーンの2エリアに別れていて、カラオケゾーンでは、おそらくミャンマーの若者だろう、絶唱している。

駅近くとはいえ、あまり来やすい場所ではないので、おっかなびっくり潜入取材モードで入店したが、気さくそうなミャンマー人女性2人に迎えられ、ほっとして食事ゾーンの席に着く。

注文したのは、ミャンマービール、エビのヒン、ライス、生姜のサラダ、オンノカウスエ。

ヒンは、カレー風の煮込み料理だ。茶色になるまで炒めた玉ねぎをベースに、魚の味が効いたソース部分が美味で、ご飯にまぶして食べると、いくらでもパクパクいってしまう。

生姜のサラダは、生姜と玉ねぎと炒ったピーナッツなどを油主体の調味料で和えた料理。タイの和えもの「ヤム」には油が入らないけど、こっちは結構オイリーだ。でも、悪くない。生姜がもっといっぱいでもよかったかもしれない。

オンノカウスエは、ココナツカレーラーメン。ゆで卵が入っていて、味は結構マイルド。ここに、魚醤と、レモン汁、粉唐辛子を好みで投入していただく。麺は黄色い中華麺。美味でした。

それにしても、カラオケ絶唱は、まだまだ続いている…。

レストランゾーンにもテレビモニターがあり、写っているのは、どうやら、いま歌われている曲のカラオケ映像らしい。

恋人が愛をささやきあうシーン。

甘いラブソングなのだろう。

男の子が、女の子にキャンディを渡す。女の子が受け取り、口に入れる。微笑みながら、キャンディをなめる女の子のアップ。さらに、口元に寄るカメラ。舌の上で転がされるキャンディを、しつこく写す…。

キスか、その先の行為を、さわやかに暗喩する意図があるのだろう、たぶん。しかし、映像自体は妙にフェティッシュで、実直なミャンマー料理の味わいと相まって、不思議な余韻を残した。

会計して、外に出る。

先日紹介した「ノングインレイ」の店先には、店内からあふれたミャンマーの人たちが、外にテーブルと椅子を出して晩餐中。とても楽しげで、うらやましい。

路地で、幾人かのミャンマーの方たちとすれ違う。

できれば、近いうちミャンマー料理のことを教えてくださる、ミャンマーの人と知り合いたいと思っている。

a0130529_2315834.jpg
[PR]
by aroyaroy | 2009-08-02 23:10 | 高田馬場


<< スワガット ノングインレイ >>