スワガット

南インド料理が大好きだ。

とはいうものの、南インド料理なるシロモノが、一般的なほかのインド料理と、いったいどのように異なるのか、正確に解説する自信はない。

南インド料理に関する著書もある、カレー伝道師の渡辺玲さんの書いたものなど読めば、的確だと思うので、気になる人はググってみてほしい。

とはいえ、やはり好きなものは好きなので、たびたび食べに行く。

よく食べるのは、ミールスと呼ばれる定食。

サンバルやラッサムというシャバシャバしたスープカレーをメインに、いくつかのカレーや炒めものなどが、真ん中に盛られたご飯をかこむ。普通のインドカレーと違うのは、油があまり使われておらず、タマリンドなどの酸味を効かせたものがあったり、全体的にさっぱりしていて、ヘルシーな感じがするということ。インド・タミルナドゥ州の本場では、庶民的な食堂に行くと、銀のプレートではなく、バナナの葉に盛られたりする。

もうひとつ、代表的なのが、マサラドーサ。

カレー味に炒めたじゃがいもを、パリパリのクレープのような生地でくるんだ料理だ。これに、さきほどのミールスにもついてくるサンバルや、チャトニと呼ばれるペーストをつけて食す。

どちらも非常に美味。

インドカレーは、やっぱりライスじゃなくてナンだよね、というカレーレベルに飽き足らない食いしん坊には、ぜひ挑戦していただきたいジャンルである。

しかし。

長々書いてきた南インド料理。専門店が、馬場や目白にあるわけではない。

すいません。

美味しい南インド料理専門店は、麹町や八重洲にあったりするので、これもググってみてください。

じゃあ、馬場と目白はどうなんだよ!?

実は、高田馬場のインド料理店「スワガット」に、少ないながら、いくつか南インド料理のメニューがあるのだ。

マサラドーサ、ワダ、ウプマ、イドゥリといった料理が、それ。

残念ながら、大大大好きなミールスはない。

でも、近所で南インドの味を楽しめるのは有難いので、たまに訪問している。

ある日、食事をしていたら、唐突にベリーダンスショーが始まった。

ベリーダンスって、トルコとかのモノではなかったっけ? そう思う間もなく、セクシーなダンサーのお姉さまに手招きされ、一緒に踊るハメに。

ハメに、なんて書いたが、けっこう楽しかった。

お姉さんはキレイだし、食事代だけで、ダンスを見たり踊ったりするのはタダですからね(笑)。

この出来事は2009年の6月だが、たったいま同店のHPを見たら、なんと「インド式中華料理」なるメニューが!

そんなのあったけ? 新メニュー?

むかし南インドを旅したとき、ポンディシェリーのホテルのレストランで中華料理フェアをやっていて、不思議な感じがした思い出がある。結局、食べなかったけれど、中華料理を作る料理人は中国人ではなく、ネパール人だと聞いた。

そこで出ていたような料理が、高田馬場で食べられるというのだろうか?

メニュー名を見ると「ハッカ・ヌドル」「野菜・マンチュリアン」「茶半(ご飯)」などとある。

うーむ。

非常に怪しげであると同時に、アジアの料理文化に少なからず興味を持つ者として、非常にソソられる感じもする。

食べに行かねば。

食べたら報告します。

そうそう。ベリーダンスを見た日、コロナビールが一本250円の激安だった。

早稲田通り、西友の向かいあたり。

a0130529_312033.jpg
[PR]
by aroyaroy | 2009-08-04 03:07 | 高田馬場


<< 志むら ヤンゴン >>