プリックタイ ~非マイペンライな丁寧仕事が生み出す美味~

ちょっと、行きにくい場所にあるタイ料理店。

最寄は都電荒川線、学習院下駅。

地域のカテゴリーとしては、高田馬場か、目白か、迷ったが、馬場に入れた。

歩いてみると、高田馬場駅からも、目白駅からも、けっこうある。

しかし、わざわざ歩いて行っても惜しくない、美味しさがある。

先日、食べたもの。

鶏の空揚げのような料理(確か「鶏の胡椒炒め」みたいな料理名がついていた気がするが、スパイシーなから揚げのようだった)と、自家製のタイソーセージのネーム、ソムタム(未熟パパイヤのサラダ)、カオニャオ(もち米)、目玉焼きのせ鶏バジル炒めご飯、などなど。

それに、ビアシン、ビアチャン(タイビールの、シンハー・ビールと、チャーン・ビールのこと。タイの人は、このように呼ぶ)。

ネームは、ヤム(あえもの)にしてもいいし、焼いただけでもいい、とのことなので、焼いただけのにしてもらった。ネーム特有の発酵による酸味もしっかりあり、青唐辛子やピーナッツ、生野菜のつけあわせと食べると美味しい。

辛さは、全体に辛すぎず、かといって、手加減し過ぎず。

「辛さ控えめにしますか? それとも普通?」と訊かれ、「普通で」とリクエストしたソムタムだけが、ピリリと辛い。

盛りつけも丁寧。料理も丁寧。

おそらく、化学調味料など使わないようにしてるのでは?

全体的に、コントロールされている感じがする。

この規模のタイ料理店って、手癖で料理が作れてしまうようなタイ人の料理人さんがいて、それぞれ店によって、イマイチだったり、そこそこ美味しかったり、天才的だったり、いろいろなんだけれども、いずれにしても厳密にレシピなんかを決めているわけではないのが常で、たまに訪問すると、いきなりブレブレに味が変わってしまっていた、なんてことが往々にしてある。

もちろん統計的な裏づけなどがあるわけでなく、個人的なタイ料理店に対するイメージに過ぎないが。

マイペンライ精神、とでもいおうか。

マイペンライとは英語の Never mind のような意味のタイ語で、「気にしないで」とか「問題ない」ってことだが、根底には「細かいこと気にしてると疲れるし、まあまあ、アバウトで行こうよ」的なニュアンスがあって、南国的なおおらかさを感じてしまう。

ま、お客の立場からすると、あまりにマイペンライでは困ることもあったりするが。

しかし。

ここに限っては、そういうことがなさそう。

マイペンライではない味、とでも言おうか。

タイ料理店らしからぬ、仕事の丁寧さを感じる。

気になって、ホームページをチェックしてみれば、シェフはタイや日本以外にも、モルディブ、オーストラリア、バリ島で料理人としての経験があると書かれている。やはり、海外での経験が多いと、多少、その辺りの感覚が違ってくるのかもしれない。

もちろん、マイペンライなタイ料理店が、必ずしも悪いわけではないが。

とにかく、ここのお店は丁寧な仕事の美味しいタイ料理が食べられる、ということで、結論としては、かなりオススメです!

新目白通りと明治通りが交わる高戸橋交差点近くにある大正製薬本社の裏手。

a0130529_136015.jpg
[PR]
by aroyaroy | 2009-10-29 01:39 | 高田馬場


<< バインミー☆サンドイッチ ~す... ル・モンサンミシェル Le M... >>